20, 1月 2016

栄養士になるには

栄養に関する専門家として活躍

バランスの良い食生活が求められる育ち盛りの年代が多い学校給食や、カロリーや塩分などの制限が行われることが多い病院や福祉施設などで食事を提供する場合には、しっかりと栄誉管理が行われています。
どんな食材を積極的に取り入れるべきなのか、逆に避けるべきなのかを的確に判断しながら食事メニューを考えたり、必要に応じて栄養に関するアドバイスを直接行う仕事を担当するのが栄養士の役割です。
栄養士は栄養に関する様々な知識を豊富に持っていることから、様々な場所で活躍しています。

参考:http://www.eiyoshi.jp/howto/

栄養士になる方法

2年から4年の養成課程がある専門学校や短大、大学などの学校で定められている課程を得て卒業すると栄養士になることができるのです。
きちんと勉強を重ねていれば栄養士に必要とされる知識を習得したとみなされるため、学校卒業時には栄養士の資格が与えられることになります。
そのため最短で栄養士になるためには、高校卒業後に2年制の専門学校に入学して卒業するという方法が最速だといえます。
栄養士の資格取得後は病院や福祉施設などで募集されている求人案件を確認しながら就職することになります。

もう一つの選択肢としては、ワンランク上の資格である管理栄養士を目指す方法です。
管理栄養士は栄養士よりも更に高い専門スキルが求められる資格で、職場によっては管理栄養士の資格がなければいけないとしている場合もあります。
学校を卒業するだけで資格を得る栄養士とは異なり、国家試験に合格してから取得できる資格になります。

栄養士として実際に現場で仕事を重ねてから国家試験を受験することもできますし、管理栄養士の養成課程がある大学を経てから国家試験に臨むことも可能です。
最初から管理栄養士になりたいと考えているのであれば、管理栄養士の養成課程がある大学へ入学するルートが最短になります。

栄養士に必要なこと

栄養士として仕事に従事するための最低条件としては、食べることに関して強い関心を持っていることが必須といえます。
自分自身は食に関して全く興味がないのに、他の人に適切なアドバイスをすることは難しいといえます。
食事と関連して健康に対しても強い関心を持ち、親身になって他の人にアドバイスをすることも大切です。
直接人と関わりながら相談に乗る機会も多いことから、コミュニケーションスキルが要求される場面も多いと考えられます。

最近は様々な経歴を歩んできた方が栄養士になりたいと希望する方が増えています。
家族の健康を守りたいと考える主婦、たくさんの人の役に立ちたいと考えている社会人経験を積んだ男性など様々です。
いずれにしても栄養士として様々な場面で活躍したいとの強い意思を持っていることが条件になることも忘れてはいけまません。