24, 6月 2016

フードコーディネーターになるには

食に関するプロとして活躍

私達の日常生活で欠かすことができない食事は、健康や美容を維持するために欠かせないものです。
最近は食生活の乱れによって体調を崩す方が増えていることから、食の重要性が再認識されています。
正しい食生活を提案するために活躍するのがフードコーディネーターの役割です。

独自に開発したレシピを考案して紹介したり、料理教室を開催して直接指導したり様々な活動をしています。
テレビや雑誌で有名になる方もいれば、インターネット上で注目を集めて話題になる方もいます。
表舞台には出てこない方でも食品メーカーなどで商品開発を手がけて陰のヒットメーカーとして活躍する方もいます。
様々な場面で正しい食生活を提案し、健康や美容に役立ててもらい喜ばれています。

フードコーディネーターになる方法

食に関する幅広い知識を有していることがフードコーディネーターとして優秀な人材と認識されることから、豊富な知識を証明するために資格を取得しておくと良いと考えられます。
民間資格の位置付けですがフードコーディネーターに関する唯一の資格であることから取得しておくことが良いと考えられます。
3級から1級まで存在していますが、1級を取得できるレベルに達していなければプロとして活躍することは難しいとされています。
受験資格は3級から順に合格しなければいけないため、まずは入門レベルの3級合格から目指していきましょう。

必ずしも資格を取得しなければフードコーディネーターとして活躍できないわけでなく、無資格の方でも有資格者並みに豊富な知識を持っていてプロとして活動している方は存在しています。
食に関する豊富な知識を持っているだけでなく、調理技術に関しても高度なスキルがなければ不特定多数の人から実力を認められないため、調理関連の専門学校や栄養学を習得できる大学などを卒業していることも重要な要素になります。

他にはプロのフードコーディネーターとして活躍している方のアシスタントにしてもらって経験を重ねるというケースもあります。
様々な選択肢があることから、自分に合った方法でプロとして活躍できる道を模索することが大切です。

フードコーディネーターに必要なこと

食のプロとしてたくさんの人に正しい食事の素晴らしさ、食事の楽しみ方などをわかりやすく伝えることが重要な役割なので、相手に伝わりやすい表現方法を考えることが大切です。
時代に応じ食に関するニーズが移り変わることから、できるだけ多くの人に親しまれて関心を持ってもらえる食に関する情報を提供することが大切です。
そのためにも食に関することは速やかに情報を察知するようにして、多くの人に発信することが必要になります。