20, 1月 2016

教師になるには

子供達に様々な指導をする仕事

子供から大人へと成長する段階の子供達に対して勉強の指導をするだけでなく、社会生活や人間関係など様々な指導を行いながら見守ることができるのが教師の仕事になります。
教師は理想と現実のギャップが大きな職種の代表的な存在としても知られており、苦労の連続だと嘆く教師が存在しているのも事実です。
もちろん保護者ともしっかり連携をとりながら子供達の成長を見守らなければいけないため、そう簡単にできる仕事ではありませんが、子供達が無事に卒業していく姿を見送る時にはこの上ない喜びを感じるものです。

教師として仕事をする方法

教師になるには必須となるのが教職員免許で、免許を取得していなければ教師として仕事に従事することができません。
教職員免許を取得するために教育課程がある大学などに入学して教師になるための勉強を重ねなければいけません。
必要な単位を取得後は、小学校や中学校などで教育実習を行って実際に教育現場での仕事はどのようなものかを体験することができます。

無事に教育課程を終えてから各都道府県で行われる教員採用試験を受験して合格することで公立学校の教師として採用されることになります。
私立学校の場合は各学校で教師の空きが出ると随時採用試験を実施することになります。
実は、教職員免許を取得できても、教員採用試験に合格できなければ教師として仕事に従事できないため、スムーズに希望していた地域の教師として活躍できるとは限りません。
地域によって倍率は異なりますが、10倍以上の倍率になるケースも多いことから教員採用試験に合格するまでが大変な道のりと言えるでしょう。

小学校の場合は全教科を指導することになりますが、中学校では専門教科の指導にあたります。
自分はどの科目が得意で、最も効率良く指導できるのかをよく見極めながら進路を決めることも大切です。

教師に必要なこと

自分が子供達を指導する立場にある教育者であることをしっかりと自覚しなければいけません。
度々、教師が不祥事を起こしてニュースになっている事が見受けられますが、絶対に子供達を裏切るような行為をしてはいけないと自覚しなければいけません。
子供から大人へと成長する段階の年齢は、心身が不安定な状態でもあることから時には道を踏み外しそうになることも多いです。
どんな生徒であっても平等に扱い、保護者と連携をとりながら大人としてしっかり手を差し伸べてあげる気持ちを持つことが大切です。

教師は子供達に対して大きな愛情を持ち、責任感を持って指導にあたるというとても重要な役割があります。
なかなか指導がうまくいかずに苦悩することもありますが、一度志した教師という道を諦めずに、子供達の成長を見守ってもらいたいものです。